よくあるご質問(Q&A) for WEEK

Q1 『山頂café』と『山頂café for WEEK』は何が違うの?

A.後者は活動日が主に「平日」となります。シフト制で勤務される看護士さんやアパレルショップで働く方、月曜休みが多い美容師さん、火曜日や水曜日が多い不動産業の方、土日祝に仕事が入ってしまう自営業者の方々のニーズに応えるべく、設立しました(*^^)v

 

 

スポンサードリンク

Q2 『山頂café for WEEK』ではどれくらいの人数で登るの?

A.『山頂café』に比べると、どうしても参加人数は少なくなってしまいますが、最少催行人数が7名以上であり、グループ登山が中心であることは変わりません。そのため、団体行動が苦手という方にとっては、ミスマッチが生じるサークルだと思われます。

 

 

Q3 『山頂café for WEEK』メンバーでも、『山頂café』の土日祝中心の企画に参加することはできるの?

A.はい、可能です。シフト制の方や振替休日や有休が取れる方もあるでしょうし、同じ『山頂café』という登山サークルブランドであるため、「山頂café公式山行スケジュール」は共通のものになっております。ただし、土日休み中心の方が、『山頂café for WEEK』へ「所属」することはできません。あくまで平日休みが中心で、なかなか山仲間が見つからないという方のために設立したサークルだからです。

 

 

Q4 北陸や甲信越に住んでいるけど「山頂café for WEEK』には入会できるの?

A.現在、中部・関東・関西・東北の4支部でのみ新規メンバーを受け付けているため、入会できません。しかしながら、『山頂café』(活動が土日祝中心)の方において、北陸支部(富山県、石川県、福井県)と甲信越支部(新潟県、長野県、山梨県)についてまだ空きがあり、まだまだ積極募集中です。こちらへご参加くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

 

Q5 なぜ山岳(特約付き傷害)保険に加入しないとサークル参加できないの?

A.「山頂café」は旅行会社でも、山岳ガイドが率いるツアー会社でもありません。また、「登山」は「観光」ではありません。高い山、低い山に関わらず、常に「命」の危険があるのです。サークルメンバーに万が一のことがあった場合に、「山頂café」や代表者、副代表者、各支部長、企画ごとのリーダーでは一切の責任が持てません。無保険で山に登るということは、保険に入らずに車を運転したり、海外旅行にいったりすることと同じくらいリスクがあることなのです。「山頂café」はビギナーの集まりだからこそ、この点はきっちりとご理解頂き、「保険なんて入らなくてもいいや」という無責任であり、家族や周りの方への思いやりのないビギナーを排除するためにも、サークル「加入」要件としています。なお、傷害保険(特約としてレスキュー費用、第三者損害賠償保険)に加入済である場合は新たにご加入頂く必要はございません。この点は、『山頂café』と同様です。

 

 

Q10 申し込みをしたのにメールが返ってこないのですが…

下記の原因が考えられます。

(1)メールアドレスが間違って入力されている。

(2)サークル規約に同意していない。

(3)『山頂café』(元祖)において募集停止をしている支部に参加申し込みをしている。

(4)土日休み中心の人が『山頂café for WEEK』への参加申し込みをしている。

(5)数日しか経っていない。

スポンサードリンク