サークル規約

第1条(名称)

 名称は、「山頂café~ビギナーのための登山サークル~」(以下、「本サークル」)とする。

 

第2条(所在地)

 本サークルの所在地は、代表者の居住する住所地をもってその所在地とする。

 

第3条(運営目的)

 本サークルは、日本全国の若手ビギナー登山者に対し、安全に登山を楽しむ機会を最大限に提供することをその運営目的とする。これをもって、グループでの安全な登山を通じ、さまざまな価値観や自然に触れ、人徳を積む場を社会に提供することをその終局的な目的とする。

 

第4条(活動内容)

 本サークルは、第3条に定める目的を達成するため、次の活動を行う。

日本百名山を中心とした登山活動の企画、催行

②登山用品の購入に関する助言及び推奨登山用品の紹介

③各種登山用品のレンタル、販売代理

④傷害保険加入に関する助言、保険代理店の紹介

⑤セミナー、技術講習会等、登山に関するイベントの主催・共催

⑥オリジナル登山グッズの制作、販売

⑦登山に関する書籍の出版(山の絵本『ぼくらのやまのぼり』)

登山マナー、安全登山に関する情報発信

⑨登山を活用した地方における観光支援事業

⑩上記のほか、登山に関連する一切の活動

 

第5条(活動拠点)

 本サークルは、その活動拠点として、次の8つの支部を置く。なお、各支部の定員は100名を上限とする。

①中部支部(拠点:名古屋駅)

②関西支部(拠点:梅田駅)

③関東支部(拠点:新宿駅)

④東北支部(拠点:仙台駅)

⑤北陸支部(拠点:金沢駅)

⑥甲信越支部(拠点:松本駅)

⑦北九州支部(拠点:博多駅)

⑧北海道支部(拠点:札幌駅)

 

第6条(組織)

1.本サークルに次の役員を置く。なお、初代代表は発起人の野村篤司とする。副代表及び支部長については、代表が本人の承諾を得て、所属メンバーの中から指名する。代表が指名をする前においては、代表が各支部の支部長を兼務する。

①代表   1名

②副代表  2名

③支部長  1名(各支部ごと)

④副支部長 1名(各支部ごと)

2.上記役員の任期は就任の時から3年を経過した年度の終了の日とする。任期満了の時において、2ヶ月前までに自らの意思により役員会に対して辞任の意思を表示しない場合には、重任することができる。この場合の任期も3年とする。なお、後任の役員が決まらない場合は、後任の役員が決まるまで、権利義務を有するものとする。

3.代表が欠けたときは、役員会において、多数決により新たな代表者を定める。


第7条(代表の役割)

 代表は、本サークルを代表し、サークル業務を統括する。代表は、意思決定を要するときは、各支部長及び副代表の意見を聴くように努めなければならない。

 

第8条(活動年度)

 本サークルは、毎年1月1日から毎年12月31日とし、会計年度も同様とする。

 

第9条(加入要件)

 本サークルへの加入は、下記の要件をすべて満たす者とする。

①第3条に定める運営目的及び本サークル規約に同意できる者。

②入会申込時に満39歳以下であること。

③入会申込時に登山経験が3年未満であること。

④傷害保険(個人賠償補償特約及び救援者費用補償特約付き)に加入済み又はサークル加入と同時に本サークルが契約者となる団体保険又は同様の傷害保険に加入する者であること。

⑤以上の①から④までの要件をすべて満たす者と代表が判断し、代表がメンバーへの加入を承認した者。

※なお、③については、サークルの運営目的、設立背景、メンバーの構成状況など総合的に判断し、代表及び副代表が認めた場合は、この限りではない。

 

第10条(脱退申出及びサークル不参加者に対する支部長への脱退勧告権の付与)

1.メンバーが本サークルから脱退を希望する場合は、あらかじめ代表又は副代表若しくは支部長への電子メール又は電話にて連絡する方法によるものとする。

2.前項の方法によらず、無断で脱退し、その後何ら連絡もない場合は、違約金として本サークルに対し金1万円を支払うものとする。この場合において、違約金の請求は書面を以て行うものとする。

3.1年以上サークル活動(但し、公式企画及びサークル総会に限る)に参加がない場合、代表又は各支部長は退会させることができる。


第11条(強制脱退命令)

 下記に定める事項のいずれかに該当する場合において、役員会で判断した場合は、該当するメンバーに対し、代表は強制的に脱退を命ずることができる。

①本サークル規約、内部規定に違反した者。

②「安全登山」に反し、客観的に危険性の高い登山を頻繁に行う者。

③本サークルメンバーに対するストーカー行為、宗教や商品等の執拗な勧誘行為等、迷惑行為を行った者。

④反社会的行為、犯罪、登山マナーに違反する行為を行った者。

⑤暴力団その他反社会的組織に属し又は近い関係であることが判明した者。

⑥海外転勤等の正当な理由なく2か月以上連絡不能になった者。

⑦自ら参加を表明した企画に関し、無断欠席、無断遅刻をした者。また、30分以上の遅刻を3回以上した者。

⑧その他本サークルの運営目的、設立背景に照らし、本サークルのメンバーであることが望ましくないと判断される者。

 

第12条(サークル費)

 年会費及び入会費はこれを徴収しない。但し、メンバー間の親睦を深める目的として、役員から使途を明示し、臨時的に任意での費用の負担を求めることを妨げない。 また、各活動時においては参加者全員による「実費等分負担」を原則とする。

 

第13条(努力義務)

 本サークルのメンバーは、「安全登山」を常に意識し、登山届の提出、地図及びコンパスの持参、体調管理等、山岳事故の防止に最大限に努めるものとする。また、企画を行う者は、登山講習の受講等により登山に関するスキルや知識の向上に、特に努めるものとする。

 

第14条(営利事業)

 本サークルが行った営利事業において利益が生じた場合は、その利益は本サークルに帰属し、役員会の判断に従い、本サークルの運営目的に沿って、適切に活用するものとする。 なお、利益が生じた場合の会計責任者は、代表がメンバーの中から指名してその者の承諾を得た場合を除き、代表が兼務する。また、代表は3名以上のメンバーによる書面での開示請求に基づき、いつでも開示するものとする。

 

第15条(免責事項)

 本サークル活動中(移動中を含む)において生じた山岳事故、遭難その他一切の事故については、本サークル及び代表、副代表、各支部における支部長、企画におけるチーフリーダー、サブリーダー、同行していない顧問である山岳ガイド、顧問気象予報士等はいかなる責任も負わないものとし、各自の自己責任とする。各メンバー(役員を含む)間の損害賠償請求についてはこれをあらかじめ放棄する。

 

第16条(活動の休止又は解散)

 本サークルは、「安全登山」が第一であることに鑑み、サークル企画において、なんらかの山岳事故が起きた場合においては、代表及び副代表の決議に基づき、事故が生じた日から最低3ヶ月間の活動休止をするものとする。また、万が一、死者を伴う大きな山岳事故が起きた場合においては、本サークルは代表者及び副代表者の決議に基づき、解散するものとする。

 

第17条(本サークル規約の改定)

 本サークル規約は、代表が必要と判断した場合に、役員の過半数の同意を得て、適宜改変することができる。ただし、メンバーに経済的な不利益が生じる変更の場合は、メンバーの過半数の同意を得て改定するものとする。

 

附則

 

本サークル規約は本サークルの創立年月日である「2012年3月3日」より施行する。

 

2013年11月26日改訂(※第9条第4号の追加⇒保険加入義務化)

2014年 1月 1日改訂(※第2条及び第5条支店の追加)

2014年 5月11日改訂(※第10条違約金の設定)

2014年11月30日改訂(※第5条支店の追加、第6条2項3項の追加)

2015年03月21日改訂(※第6条2項変更、第10条3項変更)

スポンサードリンク

おすすめ記事